見てもらうことと、行動をとってもらうこと

ITマーケティングで集客を急加速!
ITはスモールビジネスの強力なツール。
石井 義則です。

広告

ホームページも広告も
沢山の人に見てもらうことと、
実際に行動をとってもらうことは
イコールではありません。

多くの人に見てもらっても
誰も行動に移してくれなかったら
ビジネスでは意味がありません。

ここで言う行動とは
資料請求とか、
来店、
購入のことです。

もっとも、
誰にも見てもらえなかったら
話にはならないのは確かです(笑

ホームページ、広告に
ひたすらデザイン性ばかりを
要求する人が結構多いです。

もちろんデザインは重要ですが、
ホームページや広告の目的は
行動をとってもらうことです。

脳に汗をかいて、
どうしたら行動をとってくれるかを
考えることですね。

イメージ広告と、
ダイレクトレスポンス広告
の違いなのです!

詳しくは次回に(^^)

ところで、
Facebookでひたすら「いいね」を集めることを
目的にしている人も結構多いですね。
それはそれでよいのですが、
コピペコメントはやめて欲しいですね(^_^;)

集客、売上・利益アップのIT活用の無料メール相談はお気軽に!
entry-social-ishii@cool-si.jpへ

クリックして頂けると嬉しいです(^^)/
 ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村

石井義則のFacebook:http://www.facebook.com/cool.ishii
株式会社クールサイト・エス・アイ HP:http://cool-si.jp/sm