国際人に求められるもの

今日は荒井弥栄さん宿輪純一さんのセミナー「国際人開発塾」に参加しました。

DSCF6679

第一部は荒井弥栄さんの講演。
荒井さんのお話を聴くのは約1年ぶりです。

よく言われることですが、荒井さんもおっしゃっていました。
・外国語が話せれば国際人という訳ではない。
・TOEICで高得点を取っても英語が話せない人は沢山いる。

社内公用語を英語にしてTOEICの点数を評価、給与に反映させている企業へ、また、政府の大学入学と卒業にTOEFLを導入する改革へも警鐘を鳴らされていました。

国際人求められる資質は
・自分の国の文化、歴史等を熟知し、そして相手国のそれも理解して調和出来ること

・『名刺の力』ではなく『個の力』で勝負出来る人。
 『個の力』とはすなわち『人間力』

特に日本は大企業、出身校の威力が絶大な国ですからね。
起業して嫌と言うほど痛感しています。
だから私は『個の力』、『人間力』を目指します (^-^)
と言いますか、それしか選択肢がありません!
依存からの脱皮ですね。

しかし流石荒井さんは英悟の指導者!
外国の方が日本に来る場合、日本の文化、歴史、慣習、そして難しいと言われる日本語も学んでくる。
しかし日本人が外国に行く場合は??

そして、
『英悟はツール、されどツールなり』で締めくくりました。
ちょっとサボっていた英語と中国語の勉強を再会します (^-^)

メルマガ【ITマーケティング】好評配信中

いつもブログを読んで頂きまして有り難うございます。
ブログに書けないこと、
より深い内容をメールマガジンでお届け致します。
いつでも解除出来ます。
ご購読頂けると嬉しいです。

※ご入力頂きました情報は関連法令を遵守して厳正に取り扱い致します。

クリックして頂けると嬉しいです(^^)/
 ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村

石井義則のFacebook:http://www.facebook.com/cool.ishii
株式会社クールサイト・エス・アイ HP:http://cool-si.jp/sm