広告の目的

ITマーケティングで集客!
ITはスモールビジネスの強力なツール!
石井 義則です。

需要過多の時代、
モノ不足の時代と、
物が溢れている時代とでは
広告の目的も違ってきます。

広告に商品説明を書くだけで売れる時代であれば
しっかり説明を書けばOKですね。

しかし、良い物が溢れかえっている今、
競合商品と明らかに差別化出来なければ
なかなか売れるものではありません。

広告の目的を「売ること」から
「見込み客を集めること」
にしたらどうなるでしょうか?

その広告で売上は上がりませんが、
メールアドレスや電話番号、
住所、氏名といった
リストを手に入れることが出来ます。

そのリストに対して
様々なアプローチをすることが出来ます。

広告で販売するのではなく
関心のある人に手をあげてもらう!

こういう位置づけの広告もあるのです。
2ステップ広告と言います。

これは紙の広告でも
ネットの広告、
ランディングページなどにも
言えることです。

そしてこのリストは
とても重要な財産になりますね。

貴方は何を目的に
広告を出していますか?

詳しくは神田昌典さんの本で!

集客、売上・利益アップのIT活用の無料メール相談はお気軽に!
entry-social-ishii@cool-si.jpへ

クリックして頂けると嬉しいです(^^)/
 ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村

石井義則のFacebook:http://www.facebook.com/cool.ishii
株式会社クールサイト・エス・アイ HP:http://cool-si.jp/sm