ストレートな表現って効果はあるの?

ITマーケティングで集客を急加速!
ITはスモールビジネスの強力なツール。
石井 義則です。

外貨

DMやホームページで
ストレートな表現をよく見かけます。

例えば
「短期間でお金を儲けたい方、必見!」

時にはストレートな表現が
相手の心を動かすこともありますが、
逆効果のことの方が多いですね。

不信感を抱かせたり
うさん臭さを感じさせてしまうと
思いませんか?

コピー、文章表現は、
問題解決、欲求実現を連想させる
思わせぶりな言葉の方がよい場合が多いです。

もっとも、
一攫千金目的の商材等の場合は、
うさん臭い表現の方が
良かったりすることも
あるかもしれません(笑

要は、メッセージを届ける
相手によって
表現を考える必要が
あるということです。

だから、ターゲッティングが必要なのです。
ペルソナ設定はとても大切なのです。

ペルソナについては
改めて書かせて頂きます。

あなたは相手に応じた
メッセージを使っていますか?

メルマガ【ITマーケティング】好評配信中

いつもブログを読んで頂きまして有り難うございます。
ブログに書けないこと、
より深い内容をメールマガジンでお届け致します。
いつでも解除出来ます。
ご購読頂けると嬉しいです。

※ご入力頂きました情報は関連法令を遵守して厳正に取り扱い致します。

クリックして頂けると嬉しいです(^^)/
 ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村

石井義則のFacebook:http://www.facebook.com/cool.ishii
株式会社クールサイト・エス・アイ HP:http://cool-si.jp/sm