現実と幻想

現実と幻想

売り手がナンバー1の商品だと思っていても、 そして実際にナンバー1の商品であっても、 買い手がナンバー1の商品だと思ってくれなければ それは独りよがりの何ものでもないのです!