行動する前に徹底的に考える -ユダヤ流-

「行動を起こさなければ何も変わらない!」

そして「今すぐ行動を起こすこと!」

特に最近、これが語られていますね。

行動を起こすことは大切だし、必要なことです。

「走り出してから考える」、

「走りながら考える」

もよいでしょう。

しかしことがらによっては、

走り出す前に徹底的に考えることも必要だと思うのです。

その方が試行錯誤も少なくなり

勝算が高くなることは

誰にでも分かりますよね。

ユダヤ商法では「徹底的に考える」ことを信条としているそうです。

すべての可能性を分析して最も効率的な方法を作り上げる。

起こり得る問題を想定してその対応をシミュレーションする。

その上で誰でも実行可能な計画、マニュアルを作成して実行する。

これがユダヤ式のようです。

納得できる内容だと思いませんか?

行動が必要なのは確かです。

しかしその行動の前に、

徹底的に考えることも必要です。

目標達成のためには。

昨今、日本人は考えることを軽視し過ぎだと思いませんか?

この本をご参考に!
『ユダヤから学んだモノの売り方』立川光昭 著

システムコンサルタント 石井義則

集客、売上・利益アップのIT活用の無料メール相談はお気軽に!
entry-social-ishii@cool-si.jpへ

クリックして頂けると嬉しいです(^^)/
 ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村

石井義則のFacebook:http://www.facebook.com/cool.ishii
株式会社クールサイト・エス・アイ HP:http://cool-si.jp/sm