商品ありきの事業

売り手がどんない良い商品と思っていても
「欲しくないものは欲しくない」
「必要ないものは必要ない」

ITで集客、ITで経営効率化
ITを活用してビジネスを急加速!
石井 義則です。

どうしてもビジネスは売り手の論理に成りがちです。

売り手、作り手がどんなに情熱を注いだ商品でも、
「こんなに素晴らしい商品が売れないはずがない」と思っても、
お客様が欲しいと思わなければ売れませんし、
お客様が必要ないと思えば必要とされません。

こんなこと、買う立場に立てば直ぐに分ることですよね。

逆を言えば、
「欲しい!」
「これは必要だ」
と思ってもらえば売れるということですね。

ターゲットとなるお客様を絞ったり、変更したりすることで、
これが実現出来ることもあります。

また、PRの仕方、例えばセールス文章を変えることで、
そう思ってもらえることもあります。

他にも様々な方法があります。

ここは一つ脳に汗をかきながら、
どうすれば欲しいと思ってもらえるか、
必要と思ってもらえるかを考えてみませんか?

それでも売れない商品は、
多分、売れません!

いつもブログを読んで頂きまして有り難うございます。
ブログに書けないこと、
より深い内容をメールマガジンでお届け致します。
いつでも解除出来ます。
ご購読頂けると嬉しいです。

※ご入力頂きました情報は関連法令を遵守して厳正に取り扱い致します。

クリックして頂けると嬉しいです(^^)/
 ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村

石井義則のFacebook:http://www.facebook.com/cool.ishii
株式会社クールサイト・エス・アイ HP:http://cool-si.jp/sm