相手視点を忘れていませんか?

ITマーケティングで集客を急加速
Webサイトを自分で育てて集客
リアルとネットの融合で勝負!
石井 義則です。

先日あるセミナーに参加しました。

途中、動画で素晴らしい話を聞いたのですが、
話の内容のほとんどが売り手視点でした。

凄い実績を出している方ですので、
その方は実際には
顧客視点でビジネスを考えている方だと思うのですが、
聞かれていた方がそれを感じたかが不安でした。

物不足の時代、
よいモノが少なかった時代は
売手視点、売り手の論理でも上手くいったと思います。

例えば自動車メーカーのCM。

その昔は性能の優秀さ、
馬力、最高スピードなどのPR合戦でした。

今は近いますよね。
この車を買うことによって、
本人が、家族が、どんな気分になれるか、
どんな快適さ、楽しさ、気分が味わえるかを伝えるCMがほとんどですよね。

今の時代に物、サービスを売るには
とに角買い手視点です。

買い手は売り手の理論、理屈では
なかなか動いてくれません。
自分の感情が動いて初めて買ってくれるのです。

マーケティングや集客のセミナー
販売代理店募集のセミナーに行ったとき
講師が「顧客視点」に立っているかを気にして
話を聞いてみてください。

悩む女性

そうしないと、
「こんなによい商品なのに、
 こんなに素晴らしいビジネスなのに、
 何で分かってくれないのか?
 相手に理解力がない!」

という思いになってしまう人も($・・)/~~~

先の車の例、実は以前は高性能ということで、
買い手の感情に訴えることが出来たということなのですけどね。

これ、男女の仲も一緒かもしれませんね(笑

メルマガ【ITマーケティング】好評配信中

いつもブログを読んで頂きまして有り難うございます。
ブログに書けないこと、
より深い内容をメールマガジンでお届け致します。
いつでも解除出来ます。
ご購読頂けると嬉しいです。

※ご入力頂きました情報は関連法令を遵守して厳正に取り扱い致します。

クリックして頂けると嬉しいです(^^)/
 ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村

石井義則のFacebook:http://www.facebook.com/cool.ishii
株式会社クールサイト・エス・アイ HP:http://cool-si.jp/sm