何故売れない? 商品の価格

ITマーケティングで集客!
ITはスモールビジネスの強力なツール!
石井 義則です。

「価格競争に陥ると、
そのビジネスの先は厳しい」

これはよく聞くセリフです。

そして
「高いほど売れる」

これもよく聞く言葉です。

私はどちらも
「その通り」
だと思うのですが、
誤解している人もいる気がします。

まったく同じモノで、
説明も、
アフターケアも不要の商品であれば
たいていは安い方が売れます。

もちろん何らかの
付加価値を付ければ
この限りではんないですけどね。

そして
「高いほうが売れる」
と言っても、

その商品やサービス
得られるベネフィットに対して
妥当な価格でなければ
やはり売れません。

151013

早い話し、
「そんなにお金を出す価値ないじゃん」
と思われてしまったら
買ってくれませんよね。

「これだけの金額を出す価値があるな!」
と思って貰えなければ、
「高いほうが売れる」
は成り立ちません。

「こんなに高いなら価値がある?」
という心理効果にのみ
頼るのは危険です。

要は、商品、サービスの価値を
得られるベネフィットを
お客様に感じてもらえれば
OKです。

貴方の商品、サービスの金額は
どのようにして決めていますか?

集客、売上・利益アップのIT活用の無料メール相談はお気軽に!
entry-social-ishii@cool-si.jpへ

クリックして頂けると嬉しいです(^^)/
 ↓  ↓
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村

石井義則のFacebook:http://www.facebook.com/cool.ishii
株式会社クールサイト・エス・アイ HP:http://cool-si.jp/sm